究極のアンチエイジングとして知られている脂肪注入の施術

もともと輪郭線が細い人ほど、加齢によって顔全体の脂肪が少なくなると、皮膚のしわが目につきやすいようです。

特に目元がくぼんだり、深いほうれい線がくっきりできていると、老けた印象が強くなってしまいます。

ボリューム感のなくなった皮膚にヒアルロン酸やコラーゲンを注入すると、ふっくらとして見えます。

ヒアルロン酸や、コラーゲンを注入する方法の弱点は永続性がないことで、1年程度でまた同じ施術を受けなければなりません。

つまり、期限付きのアンチエイジングなのが欠点だと言えます。

しかし、アンチエイジングを目的とした脂肪注入の場合、自分の脂肪細胞を使いますので、新しい場所にもきちんと定着して、長く効果を保つことが可能です。

様々な美容クリニックが脂肪注入の美容施術を行っていますが、注入部位や注入量の判断や、取り出した脂肪の精製など、技術力が求められるやり方です。

ですから、信頼できる美容外科を見つけることから、まず始めなければなりません。

メスを用いて皮膚を切ることもなく、皮下に注射をすることで美容効果が得られるのですから、皮膚を傷つける心配がないという利点があります。

短時間で施術が終わり、痛みもわずかで澄みますので、深く悩まずに、思い立ったらすぐに施術が受けられます。

目元や口元に脂肪が入ることでふっくらとした印象になり、ハリのあるお肌が若さを打ち出してくれるのです。

脂肪注入を行ってからは、鏡に映った自分の姿を見るのが嬉しいという人も多いようです。