リバウンドを防止してダイエットの失敗を回避する方法

ダイエットのは間食はダメ
ダイエットを成功させるためは、リバウンド対も必要になってきます。

人間の体はどんな仕組みでリバウンドするかを知ることが、リバウンド対策では大切です。

ダイエットに挑戦して一旦やせたところで、元の食事に戻したら、ほとんどの人がリバウンドしてしまいます。

リバウンドの繰り返しでダイエット開始時よりも大幅に体重が増えてしまったというケースもあります。

なぜ、人体はダイエットのために食事量を減らしているとリバウンドするのでしょう。

1日に摂取するカロリーの量を少なくすることでダイエット効果が得られますが、少なくしすぎると栄養不足に陥ってしまいます。

身体で使うカロリーがない時は、筋肉を消費してエネルギーにします。

とはいえ、消費カロリーを高くするには筋肉が必要ですので、筋肉が減るとダイエットには逆効果です。

代謝が落ちた状態でダイエット前の食事に戻すと、食べたものをしっかりとエネルギーに変えることができずに、あまったエネルギーは脂肪として蓄積されてしまいます。

これがリバウンドしてしまう原因ですが、リバウンドを防ぐためには、無理な食事制限をやめることをおすすめします。

リバウンド体質の原因は、カロリーの少ない食事の摂りすぎで筋肉が減ってしまい、代謝が落ちることです。

食事を減らしてカロリーの摂取量を減らすだけでなく、積極的に体を動かしてカロリーを使う機会を増やすことがリバウンド予防になります。

ダイエットにはホットヨガが最適また、体への負担が大きいダイエットをしていると、リバウンドのリスクが高くなりがちです。

できるだけ早く痩せたいからという理由で極端なダイエットをする人がいますが、体重が減ったとしてもその時限りですぐにリバウンドします。

身体に負担がかかった時に、リバウンドが起きるのは正常に身体機能が働いている証拠です。

極端なダイエットほどリバウンドはしやすくなります。

リバウンドを防ぐ為には簡単でゆるいダイエットをするのが大切です。

リバウンドが起きないダイエットをするには、ダイエットの効果がじわじわと出てくるような時間のかかる方法を選択することが大事です。

時間をかけながらちょっとずつ体脂肪を減らしていければ、筋肉量は維持したままでダイエットができます。

ダイエット効果を得るために食事を減らす人は少なくないですが、カロリー制限も度が過ぎると、人体は活動エネルギーをつくるために筋肉を分解します。

筋肉はカロリーを消費している部位なのて、筋肉量低下は消費カロリー量の低下につながります。

体内に取り入れたカロリーは、一部は生命維持や活動のために消費されますが、使い切れなかった分は中性脂肪として蓄積されます。

リバウンドして体重が元に戻るだけでなく、場合によってはダイエットする前よりも増えてしまうこともあります。

食事の減らしすぎは体に悪いですし、無理の大きいダイエットをしていると長く続ける気力が続きません。

時間をかけて少しずつ体重を減らしていけるようなダイエットにすれば、身体の負荷にもならず、リバウンドのリスクも小さくなります。


リバウンド無く体を動かすホットヨガなら下っ腹ダイエットにも効果有り